2021年07月02日

はたけ通信《14》有機石灰のジャガイモ葉面散布・トマト誘引


 今回は異例の通作日程となりました。というのも6月5日(土)は東京新宿で農業・農協研究所の総会、研究大会、その日のうちに特急あずさ45号で長野たつのへ、そして06日(日)は1日農作業、翌日07日(月)は特急しなの06号、名古屋乗り継ぎでひかり639号で京都へ、草津に着いて、そのまま徳洲会病院に駆けつけて第1回目のワクチン接種という、なんというか3日間全体が特急列車みたいなスケデュールでした。06日の農作業は、9時ごろから小1時間ほど“雨パラつく”といった状況でしたが、何とか問題なくこなすことができました。

●2021年06月06日(日)  9時頃から小1時間だけ雨がパラツキました。
09:15−11:40 (農作業2時間25分)
□有機石灰のジャガイモ葉面散布
 これは外敵“てんとうむしだましい”除けです。効果あるかは定かではありませんが、雑誌「現代農業」に効果あり、ジャガイモの生育にも効果ありとの記述があるということで、試してみることにしました。大変な被害と聞いていましたが、結果的にはあまり多くのてんとうむしだましいをみかけることはありませんでした(実は前回、すでに1回散布しましたのでその効果があったのかもしれませんね)。いずれにしても軽作業です。
□下ノ畑のダイズ定植予定地にも有機石灰を散布しました。ダイズ定植は次回に予定しています。
□トマト誘引

 トマトは元気に育っています。11株につき、2回目の誘因をしました。
 10時15分に、12時30分、16時50分の3回、鯉にエサやり、食いっぷりは見事です !

 11:40−12:30 コメリへ資材の仕入れ(ナップサック、点火マン)
 
 13:40−16:15(農作業2時間35分) 天気はすっかり回復し、青空も顔をのぞかせました。
□荒廃農地の草刈り
 日向畑に向かい、まず5株のカボチャの周辺の草刈り、大土手の草刈り、畑全体の草刈り
 前回も草刈りしてますので、草丈は低く、軽作業で済みました。

◎今回のもう一つの大仕事は、その後の作物たちの生育状況をチェックすることでした。とくに前回定植した夏野菜の成句状況は大いに気になるところですからね。
 まずタマネギですが、農協から仕入れた苗の部分(これが大部分)は順調に育っています。玉も」ぐんぐん太ってきています。今月中の収穫はまだ早すぎるかな、と見立てていますが、収穫後の吊るす作業が大変ですね。コメリから仕入れた苗の部分は、最初から最後まで伸び悩んだままでした。玉は小さいですが、もう引いた方がよさそうです。
 ジャガイモはメークイン、アンデスの成長には眼を見張るものがあります。生い茂っているという感じです。早いとこ土寄せをしてあげないといけませんね。男爵もまあまあの成長ぶりです。問題は主力の北あかりですが、これは残念ながら発芽状況が極端に悪く散々な状態です。
 期待の夏野菜についてですが、元気なのはトマトです。ミニトマト、大玉トマト合わせて11株ですが、ともに元気いっぱいです。それに引き換え、まったくダメなのは5株のキュウリ(5株)です。次回来たときに植え直しする必要アリです。ナス(10株)、ピーマン(5株)、シシトウ(5株)はまあまあといったところです。ほぼ全滅なのは5株のオクラです。見かけによらず、意外と繊細なんですね。日向畑の5株のカボチャですが、元気なのは1株ですね、他はもう一つ元気なさそうです。これも意外ですね。
 まあ、こんなところでした。

2021_07_02.jpg

posted by 管理人 at 23:01| Comment(0) | 日記